新潟白根の滝沢農園
滝沢農園
TVロケ地
路線バスロケ地
ローカル路線バス新潟
映画ロケ地探訪
八甲田山ロケ地
八甲田山
冬の華ロケ地
冬の華
海峡ロケ地
海峡
家族ロケ地
家族
故郷ロケ地
故郷
男はつらいよ奮闘篇ロケ地
奮闘篇
男はつらいよ寅次郎恋歌ロケ地
寅次郎恋歌
男はつらいよ寅次郎忘れな草ロケ地
寅次郎忘れな草
男はつらいよ寅次郎相合い傘ロケ地
寅次郎相合い傘
男はつらいよ葛飾立志篇ロケ地
葛飾立志篇
男はつらいよ寅次郎わが道をゆくロケ地
寅次郎わが道をゆく
男はつらいよ翔んでる寅次郎ロケ地
翔んでる寅次郎
男はつらいよ浪花の恋の寅次郎ロケ地
浪花の恋の寅次郎
男はつらいよ旅と女と寅次郎ロケ地
旅と女と寅次郎
男はつらいよ口笛を吹く寅次郎ロケ地
口笛を吹く寅次郎
男はつらいよ夜霧にむせぶ寅次郎ロケ地
夜霧にむせぶ寅次郎
男はつらいよ寅次郎恋愛塾ロケ地
寅次郎恋愛塾
男はつらいよ柴又より愛をこめてロケ地
柴又より愛をこめて
男はつらいよ知床慕情ロケ地
知床慕情
男はつらいよ寅次郎心の旅路ロケ地
寅次郎心の旅路
男はつらいよ拝啓車寅次郎様ロケ地
拝啓車寅次郎様
トラック野郎度胸一番星ロケ地
度胸一番星
トラック野郎望郷一番星ロケ地
望郷一番星
トラック野郎男一匹桃次郎ロケ地
男一匹桃次郎
君よ憤怒の河を渉れロケ地
君よ憤怒の河を渉れ
新幹線大爆破ロケ地
新幹線大爆破
犬神家の一族ロケ地
犬神家の一族
九州ロケ地
九州ロケ地2014
北海道ロケ地2013
北海道ロケ地2013
北海道ロケ地2012
北海道ロケ地2012
北海道ドライブ旅行幸福の黄色いハンカチロケ地
幸福の黄色いハンカチ
家族・遙かなる山の呼び声ロケ地
遙かなる山の呼び声
北海道2010
北海道2009
駅〜ステーション
北海道2008
鉄道員(ぽっぽや)
北海道ダイジェスト
四国2002
九州2005
九州1997

映画『犬神家の一族』ロケ地訪問〜信州

市川崑監督映画『犬神家の一族』(金田一耕助:石坂浩二主演1976年=昭和51年)のロケ地訪問
(2013年11月17日撮影)

映画『犬神家の一族』ロケ地/安曇野市豊科

犬神御殿は、安曇野市豊科高家飯田にある飯田様のお屋敷でロケされたそうだ。
現在は、<花林桃源郷「蔵久」 安曇野本店
リンク
案内板によれば、1810年の建築で築200年程。平成17年9月に国の登録有形文化財に指定されている。
1986年(昭和61年)までは造り酒屋だったそうだ。屋号は飯野屋。
犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久 犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久
車から降りてくる松子(高峰三枝子)と佐清(青沼静馬=あおい輝彦)を
竹子(三条美紀)と梅子(草笛光子)が出迎えた門。
松子「竹子さん梅子さん、出迎えはあなたがた二人ね」
梅子「おっしゃる通りに致しましたが何事ですか、ウワァああぁ・・」
竹子「この人が・・」 松子「佐清ですよ」と入った門。
更に橘署長(加藤武)と逮捕された佐清(あおい輝彦)がジープから降りて入る門。
犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久 犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久
蔵久の入口の右側(写真撮り忘れ)が、野々宮珠世(島田陽子)が金田一さんを駅に見送りに出かける時
猿蔵に向って「お前も金田一さんを見送りに行くの」という場所。
 猿蔵「あの人のこと忘れられない」門を入ると右側に土塀がある。
遺言状が読み上げられた座敷だろうか?映画撮影後に内装は改装されているようだ。
雰囲気はそのものだが、映画の間取りと欄間(らんま)を照合しても一致しないので座敷は別の部屋?
現在でも家主の飯田様はお屋敷にお住まいでその他の部屋は見れない。
犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久 犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久
ご親切な左写真のお店の方に説明を聞いた。「勉強不足なんですが」と言いながらかなり詳しい。
「飯田様が、ある時期になると石坂浩二さんのサインやロケ時のものを展示されることもあるんですよ」と。
犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久 犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久
狩野派で知られる狩野探雪(かのうたんせつ)筆による本物の屏風(びょうぶ)。
市川崑監督が特にこの屏風がお気に入りだったそうで、
劇中ではこの屏風に似せた絵を画家に書かせて襖(ふすま)に使用されたとか。劇中は偽物だそうだ。当前か。
狩野探雪は1714年に死亡しているので300年前に描かれた屏風ということになる。
犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久
入口前を西側から撮影。猿蔵が菊人形を手掛けたのはこのあたり?菊人形の場所はどこなんだ?
「よし、わかった!」とはならない。
映画を見比べると金田一さんがお屋敷外の東側の田んぼ畦道を走っていたように見える。
犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久 犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久
ここはお屋敷の西側にある庭。
犬神家の一族ロケ地/安曇野
昭和50年航空写真で照合すると、お屋敷の東側に門らしきものがないような?どこなんだ?
映画映像と東側から撮影された写真を照合すると、東側の田んぼで撮影されたことがわかった。
参考写真は、<安曇野 造り酒屋
リンク
犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久 犬神家の一族ロケ地/安曇野蔵久
西側から撮影したお屋敷の屋根に天窓のようなものがある。佐智(川口恒)が顔を出していた天窓だろうか?
橘署長(加藤武)「ここが犯行現場ではないな、瓦ひとつ壊れてないからな」
金田一さん(石坂浩二)「署長さん、琴の糸ですね、菊の次が琴とはねぇ」

映画『犬神家の一族』ロケ地/仁科神明宮

那須神社は、<大町市社宮本にある仁科神明宮
リンク
犬神家の一族ロケ地/仁科神明宮 犬神家の一族ロケ地/仁科神明宮
金田一さん(石坂浩二)と古館弁護士(小沢栄太郎)が神主(大滝秀治)に会いに歩く参道。
映画場面では「三本杉」が健在である。
案内板によれば、三本杉は昭和54年3月30日の突風により真ん中の木が倒伏して
2本になってしまったそうです。

映画『犬神家の一族』ロケ地/青木湖

金田一耕助が那須ホテルの部屋から見て「綺麗だな〜国破れて山河ありか」
犬神家の一族ロケ地/青木湖 犬神家の一族ロケ地/青木湖
金田一さん(石坂浩二)「君、あれが犬神さんのお宅かね?」
おはるさん(坂口良子)「えぇ、このあたりで犬神御殿と呼んでます」
(2013年11月17日撮影 白銀は白馬連山)
犬神家の一族ロケ地/青木湖
青沼静馬の二本足の出ていたあたり。青木湖キャンプ場のところ。
犬神家の一族ロケ地/青木湖 犬神家の一族ロケ地/青木湖
松子(高峰三枝子)の母お園(原泉)がお金をせびりに来た場所は、青木湖西南の水神社に通じるあたり。
左が拡大航空写真。映画映像では茅葺屋根が2棟に見えるが実際は3棟あった。
お園「竹子さんや梅子さんだって未だに母親に仕送りしているって話だぁ」
松子「これあげるからサッサとどこかへ行ってしまって」
お園「お前の言う通りにするよ、これが今生の別れとなるかもね、元気でな」

映画『犬神家の一族』ロケ地/木崎湖

野々宮珠世(島田陽子)がボートで昼寝をしていたのは木崎湖。山の森林のない部分が背景にある。
佐智(川口恒)がモーターボートに珠世を乗せたのも木崎湖。
犬神家の一族ロケ地/木崎湖
ボートに穴があいていて野々宮珠世が転覆寸前、猿蔵が飛び込んだ湖は青木湖で、
猿蔵と金田一さんが助けたロケ地は木崎湖。
金田一耕助がボートで珠世を助けに出た場所は、青木湖か木崎湖か?

『男はつらいよ寅次郎あじさいの恋』29作目(1982年=昭和57年)の冒頭で寅さんが
とらやにハガキを書いていた場所が木崎湖の一番南の旅館前のボート乗り場であった。
当サイトはリンクフリーです。
お便りは雪ん子滝沢農園メールSince2013/11/18
inserted by FC2 system